a4f502f982bd26161e5906bd3c9c1852_s

こんばんは。

パーソナルブランドコンサルタントの松尾 知枝です。

今日はPrecious美女塾大阪2期の開講初日でした。
大阪、兵庫、三重、京都などからお越し頂きました。

今日のテーマは自尊心。
本当の自分を取り戻すために、過去の自分を壊すこと。
壊して、思い込みを手放していくことを行っていきました。

破壊と創造

 

過去の自分を塗り直す。
一歩前に踏み出す。
そのためには
容量オーバーになってしまった
スマホのメモリーを削除して軽くすること。
捨てる
破壊する

過去の自分を壊す作業には痛みが伴う。

振り返ってみればこれまでの過去、思い通りにならなくて辛い過去が幾度とあっただろうか。

 

 

分かってほしいのに、分かってもらえなかった。

後にしてね、と言われて我慢した。

信じていたのに、愛してもらえなかった。

 
12718344_1078660075517342_2218441497614853570_n

強い痛みであればあるほど
記憶にしっかりと刻み込まれる。
二度とこんな思いをしなくてすむように。
命を守るシステムが作動するのだ。

そのシステムが作動してくれるおかげで
私達の体温や呼吸、脈は一定のリズムに保たれている。
生命維持システムは現状維持がお好き。

確かに過去に自分を留めている原因の一つが
あるのだろう。
少なくとも
キッカケになったのは間違いない。

 

12742139_1078660102184006_7008802337146686393_n

過去に起きたたった一度の悲しみを
繰り返し、繰り返し頭の中で
再生しては巻き戻し…
悲しみを何度も味わい続けているのは
なぜだろうか。
生命維持システムは現状維持がお好き。
どんなに辛く嫌な状態であっても
そこから抜け出したいと思っても
「変化」は怖いこと。

 

12743893_1078660008850682_2495319616245206073_n

 

過去の自分を壊してみよう。

 

変化する恐怖を味わうなら
このままでいることを好む。
自分の可能性を狭めているその正体は
本当は誰なのだろうか。

 

過去の自分を壊してみよう。
コンフォートゾーンを抜け出そう。

 

けれども

壊すことは勇気がいる。

痛みも伴う。

 

 

 

 

なぜ痛むのか
それは悲しい出来事が原因だからじゃない。
悲しい出来事のせいにして
前に進むことから目を背けてきた
自分の弱さと対峙するのが怖いから。

 

 

 

弱さを認められるようになってはじめて

本当の強さを手に入れることができる。