Color your life.

人生を、好きな色で塗り替えてみよう。

パーソナルブランドコンサルタントの松尾知枝です。

 

boeing-747-867517_960_720

1週間のうち、何に一番時間を使っていますか?

 

 

このブログをご覧の方はたぶん「仕事」になるのではないかと思います。
1週間のうちのほとんどを仕事に費やす…のですよね。
にもかかわらず、仕事にやりがいが持てなくて辛い…。

 

だったら、辞めちゃえば?


そうなんですけど~~~。
そうもいかないのが現実……。
スパッと辞められたらとっくに辞めてますよ。

 

次の仕事がすぐ見つかるか分からないし。
食べていかなくちゃならないし。
辞めたいけど辞められない。

 

 

 

仕事が何倍にもヤル気UPする方法

1週間のうちのほとんどを仕事に費やすのでしたら、
少しでも楽しく取り組めた方がいいですよね。
受動的に「苦しむ」ばかりじゃ人生はつまらない。
楽しくないことに時間を費やして、自分が萎んでいく感覚。

 

 

woman-570883_960_720

仕事を変えたいけど変えられない。
少しでも毎日をイキイキと過ごしたい。

このモヤモヤした状況の中でも突破口になる考え方があるんです!!

 

 

私自身、これまでいくつか転職をしていますし、
過去の人生がずっと逆境続きだったので
自然とこの考え方が身につきました。

 

 

そのための方法を今日は一つご紹介します。
それはとてもシンプル。

 

使命を明確にする、ということ。

 

 

使命って言葉だとちょっと分かりづらいでしょうか。
私は、こういう風に自分に問いかけて、仕事へのを作りました。

 

私、この仕事の何に誇りを感じている?

 

し‐めい【使命】
1 使者として受けた命令。使者としての務め。「特別な―を帯びる」
2 与えられた重大な務め。責任をもって果たさなければならない任務。「教師の―」

出典:デジタル大辞泉

 

 

受動から能動へ。

ようは「何にプライドを持っているのか?」
というニュアンスでお考えください。

与えられた仕事を受動的にこなすだけでは義務感が勝って、つまらないですよね。
なので、仕事を変えるのじゃなくて
仕事への解釈の仕方、捉え方を変えちゃうのです。

画期的ですし現実的な思考方法だと思いませんか。

環境を変えられないのなら
では何を変えるか?

 

 

自分を変えるのです。

 

268d4972d568c51a371a24151768a718_s

 

ほんのちょっと。

 

 

 

思考の魔法を使うだけで

業務内容はそのままでも、

わざわざ転職しなくても

 

 

 

今の環境のままでそのまま、
やりがいや充実感を感じられるようになります(*^-^*)

 

毎朝、会社に行くのが楽しみになります。

周りの反応も変わります。

仕事=給料のためという欲求を越えて

 

仕事=自己成長だと捉えられるように意識が変容していきます。

 

 

明日は実際にどのように仕事への解釈を変えてヤル気、誇りを見つけていくのか?
その詳しいプロセスをお伝えしようと思います。

 

 

今日もお読み頂き、有難うございました。