boeing-747-867517_960_720

仕事へのやりがいと誇り。

「人命に関わる仕事は最も尊い仕事です」

救命救急訓練の最終日、訓練時代、現看護師の教官が言われた言葉です。

 

 

そうなのだ。

私達はただの配膳係ではない。

お客様の命をお預かりするプロフェッショナルなのだ。

 

人命をお預かりする厳しい世界のフロントランナーとして携われることに、
いつも大きな誇りを感じていました。

 

 

CAになれば、素敵な殿方と合コンし放題!
と、決してチャラい楽しさだけを持って仕事していたわけじゃないですよ(笑)

 

Precious美女塾へのプライド。

CAの頃と比べて今。
Precious美女塾は人命にかかわるような業務はありません。
しかし、女性の生き方、決断、過去との別れなど、その人の魂の本質に関わる仕事をしています。

弊社にお越しになるお客様は、即物的なノウハウというよりは
家庭問題、存在価値、女性性、感情の抑圧、過去のトラウマなど
とても本質的な気づきと学びを求めていらっしゃいます。

 

 

 

にも拘わらず、先日あるニュース記事をシェアしたことで
多くの塾生さんを不安にさせてしまい、傷つけてしまいました。
この場を借りて、深くお詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。
25日間連続でのブログ更新を毎日の日課に掲げている私は、
彼女の文章力、分析力に単純にすばらしいと思いました。

コメントをつけずにシェアしたのは、
(それによって記事全部が私の本意だと誤解を招いてしまいました)

内容云々に対しての共感ではなく
ブログを書く時の文章のお手本にしようと思って
クリップしておきたかったからです。

ところが…その記事の内容がよく読んでみると
Precious美女塾が大切にしている自尊心とは真逆の内容。

 

自尊心とは。

自尊心とは
どんな状況、人間関係であろうとも自分自身であることに静かな喜びを感じること。
全ての外的要因(年齢、容姿、練習、親の職業、注目度、評価)などと
自分の価値は無関係である。
と定義しているのですが、それを否定する内容の記事でした。

 

 

私には全くそんなつもりはなかったとしても、もう遅いのです。
このシェアによって深く傷ついた方がいらっしゃるのは紛れもない事実。

 

それと同時に気づきもありました。
Facebookやブログなど、私の発信する内容を
Precious美女塾生が一字一句読んでくださっているということへの
責任の重さと影響力の大きさを改めて痛感しました。

 

女性の生き方に携わる講師として
今回の件はあまりにも私は未熟でしたし、自覚が足りなさ過ぎたと思います。

 

 

切れ味のいい言葉は人の心を勇気づけもするし、簡単に失速させることもできるのだ。
ましてや日ごろ、メディアでコメントをする立場の人間としても
この点、自覚が足りなかったと反省しています。

 

-shared-img-thumb-KAZ874_miagetakigi_TP_V

仕事への責任。

 

Precious美女塾への高まる期待と、責任の重さを前にして、
プレッシャーを感じないと言ったらそれは嘘です。
CA時代と同じぐらい、いやそれ以上にかもしれません。

 

 

かつては人命にかかわる仕事に従事していることへの誇りを感じていました。

 

そして今思うのは
Precious美女塾講師とは
魂の深い変容と自己創造を促す仕事であるという点です。

 

Precious美女塾は、もはや婚活スクールの粋にとどまらない。

女性の人生の岐路、判断に重要な影響を及ぼすので
高い倫理観と責任を持たなくてはならない。

 

発信する一言一言においても、女性の可能性を開花させる慈愛に満ちたものであるかどうか
細やかな注意を払う必要があるということ。
今回のように安易に記事をシェアするなど、あり得なくて
文章をしっかり読んで価値ある情報を厳選してお伝えすること。

 

 

などなど、気付いた点を上げればキリがないのですが…。
貴重な指摘を頂けたことで、仕事への誇りを改めて考えなおすキッカケにもなりました。
深くお詫びすると共に、大切なことに気づかせていただいたことへ感謝します。

 

 

きっとこれからもまだ未熟な点が多々あるかと思います。
失ってしまった信頼は、簡単には取り戻せないかもしれません。

講師として今よりももっと自分を律し、魂レベルの変容を扱うプロフェッショナルとしての
自覚を高めていきます。

これからもPrecious美女塾の皆さまとともに
私自身も塾生さまから気づきを頂き、成長し、女性の可能性の研究を続けて
まいりたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

Precious美女塾
松尾知枝