図1.pngニュートラル

こんばんは!

パーソナルブランドコンサルタントの松尾知枝です。
ついにブログ更新25本を達成することができました!
本当に有難うございます。

 

ブログ更新記念☆自尊心UPセミナー
日時:3月6日(日)10:00~12:00
場所:代官山
定員:18名

で行います。
明日、このブログで募集をしますのでスケジュールだけ
見ておいてくださいね。

 

さて今日も自尊心について書きたいと思います。

 

 

人間関係において
自分の中に「良くない」感情が芽生えた時
大きく分けて2つの行動を取ります。

 

1.どうせ私なんて…。どうせ出来ないし。

卑下。
卑屈になってしまう。

2.でもあの子ってダメなところもあるよね。

合理化。
批判して自己正当化しようとする。

1も2も共通しているのは他者との関係を「勝ち負け」で判断しているところ。

 


3.あなたにはあなたの魅力がある。私には私の魅力。どちらも素敵ね。

一番理想なのはニュートラル。
他者とは上も下もなく対等である、という考え方。

自分より未経験の人を見下すでもなく
自分より目上の方にも萎縮することなく、自然体で振る舞う。

 

 

 

woman-570883_960_720

女性らしさ・色気の封印。

かつての私は、相手が男性だとなかなか自然に振る舞うことが出来ませんでした。
男性に負けたくない感情が強く、いつも張り合っていましたし
「そばに来ないでよ」オーラを全身から出していました。

 

 

商談をしている時の視線が、ビジネス相手としてではなく
「女」として見られた時に、ムッとして不機嫌になりましたし
低く見られたりめられたくないって思っていました。

そして気がつけば
女性らしさをどんどん封印していくようになりました。

 

 

女らしさを武器にしている人を見て「バカだな」と見下して自分を正当化もしました。
でも本当は心の底では「いいなぁ~。うらやましいな」と思ってもいて
無視をすればいいのに、ついその子の振舞を目で追ってしまう自分もいて。
自分の「出来ていないこと」を軽々と出来ている女性を前にすると
心がチクチクと痛むのを感じました。
今ではその理由がハッキリと分かります。
男性に対して、勝ち負けの論理で動いていたからですね。

 

 

それが「自尊心」という考え方に出会ってガラッと変わりました。

相手の幸せを応援しても、自分の幸せが減るわけでもない。
相手が成功しても、自分の価値とは無関係である。
全ての基準は自分の中にある。

 

なるほど!

すごく腑に落ちたのを覚えています。

 

 

 

 

今では男性としゃべっていて勝ち負けを意識することもなくなりました。

分からないことを素直に聞けるようになりました。

自分の中にある女性らしさを主体的に楽しめるようになり、大胆なデザインの

ドレスも着られるようになりました。

その様子を「女」として見ている男性がいても気にならなくなりました。

 

夫婦関係にも変化がありました。

 

「それいいね!」

「あなたがいいと思うならGOサインだよ」

「うん、やってみなよ」

行動を後押しする言葉を投げかけます。

結婚して5年、全力で夫の幸せと成功を応援してきました。

 

 

 

自分と同じように周りにも惜しみない愛情を注ぎます。

相手のためを思って行っている「応援」のメッセージ。

 

 

 

実は他の誰でもない、自分のハートに届いているんですね。

 

 

 

自尊心UPエクササイズ。

私の通っている経営塾塾長中井先生から学んだメソッドですが

簡単&効果的なのでご紹介します。

 

 

他人ホメワーク。

1日3回

他人の素敵なところを褒める。

 

 

 

褒めた内容は必ずノートやスマホに記録しておきます。

一度書いた内容は二度と書けないのでどんどん新しいことを書くのがルールです。

 

 

簡単なので試してみてはいかがでしょう。

 

 

 

それでは。

お読み頂き、有難うございました。