松尾流!ハワイ初日を乗り切る時差ボケ対策

ハワイへの旅はいつの時代も私たちの心のオアシスですが
日本とアメリカの時差に耐えきれず、フラフラの状態で過ごした方も多いのではないでしょうか。
元CAの私も日米の時差にはかなり苦しみました。

 

日本→ホノルル間は朝6時から8時に現地到着する便が多いです。

でも…ホテルにチェックインできるのは
午後15時からのところがほとんど。
そうなんです!

死にそうに眠くても最大6時間は部屋に入れません。

 

追加チャージ払ってアーリーチェックインをしなければ。
眠いまんま、6時間も外を歩いて15時にチェックインしてシャワーを浴びて一眠りをしてしまうと
またまた時差ボケになってしまいます。
初日で調整失敗するとダラダラと繰り返します(笑)

 

旅の楽しさを半分捨てたようなもの…なんてことにならないためにも
今回はハワイ旅行者向け・時差ぼけにならない機内の過ごし方についてご紹介します。

 

搭乗前に、必ず買うべきアイテム

空港でチェックインと手荷物を預け終わったら売店に行きましょう。
いなり寿司か太巻きです。

あとで機内で食べる用にするのです。
別にお寿司でなくても構いませんが、向こうにつくとジャンキーで脂っこいメニューが
多くなるので、出発前に和食に近いものを食べてエネルギー温存をしていくためでもあります。
おにぎりやお寿司は個別になっているので食べたい分だけその都度食べることができるのも
いいですね。

 

 

飛行機に乗ったらまずやること。

飛行機に乗ったらテレビ画面モニターを見て下さい。
いまどきの機材の飛行機であればフライトインフォメーションが表示されると思います。
その画面を見て、時計を現地時刻に針を合わせます。
もし個人用画面がなければCAに現地時刻を聞けば教えてもらえますよ。
飛行機に乗った瞬間からハワイのローカルタイムを意識します。そして体を調整していきます。

 

 

 

時差ボケ対策1.お酒

これから楽しい旅行が始まる!
ウキウキ気分の時には美味しいお酒を飲みたくなりますね。ワイン、ビール、カクテル……。
でも、お酒は時差ボケの敵なんです。

なぜなら上空は気圧が低く、地上で飲酒する時より4倍も!酔いがまわりやすくなる
報告されています。4倍ですよ!4倍も!
それに加えてお酒を飲むと脱水状態になりますので、当然のことながら
なんどもトイレに行きたくなるでしょう。

つまり、飲めば飲むほど睡眠の質が下がるのです。

 

ハワイ初日をスッキリ気分で遊びまわるためにもグッとここはガマン。潔くお酒は控えましょう。
休肝日だと思えばまいっか…って思えてきませんか。
ハワイでおいしいビールやトロピカルカクテルを思う存分、味わってください♡

 

時差ボケ対策2.機内食

機内食を楽しみにされる方も多いですね、きっと。

でも考えてみてください。機内食のトレーがテーブルに乗っけられるとどれぐらいの時間
そのままになるでしょうか。
サービスが終わるまでの約1時間30分ほどずーっとそのままになります。
エコノミークラスで満席、後部座席になるとサービスの順番が遅くなるのでもっと時間がかかっているかもしれません。

 

元CAの立場としてこんなことを言うのは心苦しいことですが、食事サービスが終わるのをずっと待っていたら、眠る時間が減ってしまいます。
日本→ホノルルのフライト時間はおよそ6+30から7+00。
意外とそんなに休む時間はなのです。

 

 

でも断食しろとは言いませんのでご安心を。ミールをキャンセルする代わりに
空港で事前に買っておいたお寿司やお弁当をここで食べるのです。

お寿司なら10分ぐらいでサクッと食べ終わります。
お茶などの飲み物はリクエストしましょう。日系の航空会社なら温かい日本茶もあります。

 

 

眠る前に準備すべきこと。

さぁサクッとご飯を食べ終えたら眠るための準備をしましょう。

みんなが食事をしている隙に歯磨きを済ませておきます。
トイレが混まない分、時間節約できます。
ご飯を削ってでも眠る時間を確保しましょう。
少しでも長く!が重要です現地に着いたら美味しいものをいっぱい食べられます。

 

機内における乾燥対策

機内の湿度は真冬の東京並みってことご存知でしょうか。
乾燥すると日焼けしやすくなります。美しい肌をキープするためにもしっかり保湿をしておきます。

 

・化粧水で顔をスプレー
・ハンドクリーム
・リップクリーム
・ネイルオイル

 

安眠UP!リスト

アイマスク

マスク

耳栓

首にストールをぐるぐる巻き

目、耳、口をしっかり守り、風邪ひかないように温かくします。

 

映画はガマン。

機内映画も…見たいですよね。でも!ガマンしましょう。帰りの便でたっぷり見られます。
逆に帰りの機内ではあんまり寝なくて大丈夫です。
日本到着の便はだいたい19時前後。家に帰ったらそのままベッドでぐっすりできます。
逆に帰りの便でたくさん寝てしまうと、家に帰ってから眠れなくなるかも。

なので帰りの便では映画を観たり、本を読んだりして楽しみましょう。

 

 

ハワイの魅力をできる限りたくさん楽しめて、
気持ちも体力もエネルギッシュでいられるように時差調整を抜かりなくしましょう!

 

 

 

松尾知枝オススメ講座情報

魂レベルでピッタリ合う!結婚相手の選び方講座

4月1日(土)13:00~@福岡

詳しくはコチラ!→→☆☆

 

 

トラストコーチングスクール

4月15日1000~@東京

詳しくはコチラ!→→☆☆

 

 

無料メール講座

詳しくはコチラ!→→☆☆