図1.png選び方1

こんばんは。
パーソナルブランドコンサルタントの松尾 知枝です。

うまくいくビジネス
うまくいく結婚

失敗するビジネス
失敗する結婚

ビジネスと結婚。

全く関係がないように思えますが、
その関係性がうまくいくかどうかは
実は「最初」の段階である程度占える!

 

 

ということが分かってきました。

 

上の表をご覧ください。

 

 

人間関係を3つのステージに分類したものです。

 

うえから順に

 

 

損得の関係

快楽の関係

役割の関係

 

です。

 

 

その人とずっと付き合いたいと思うかどうかで判断する時には
役割の関係でその人に共感し、尊敬できる部分があるかどうか?
を自問自答してみると、わかります。

 

損得の関係

有名企業勤務だから友達に自慢できる~♡
なんとなくこの人と付き合うとメリットがありそう!
ルックスがキレイだから連れて歩く分には最高。

 

 

比較検討が簡単にできる項目なので
簡単に他者・他社にスイッチングされるリスクがあります。
容姿で勝負するのはハイリスクな賭けですとお伝えをしています。

 

 

逆の立場でいえば、なんとなく得だからと近寄って来る人
目先の損得しか考えていないようなセコイ人を
排除し、近寄らせないようにしておくことも必須ですね。

 

 

お友達ビジネスは失敗を選択するようなもの。

 

 

これまでの経験上ですが
「なんとなく得だから」
「ラクしておいしい経験できちゃう」

こういう目的で人に近づいたり
近寄ってこられると(こっちの方がしょっちゅうですが(笑))
途中でプロジェクトが失速して、失敗に終わってしまうケースがよくあります。
友達とお友達感覚でビジネスを始めたものの
互いの損得がかみ合わなくて、衝突が起きて空中分解してしまうケース。

 

 

起業あるある、なんですよね。

 

なので私はビジネスをする時は
この点を厳しく見るようにしています。

 

損得だけで簡単に近づいてくる人には冷たいですね。

そのビジネスを弊社に導入したとして
Precious美女塾生にどんなメリットが得られるのですか?
先ほどからコラボと簡単におっしゃいますけれど
弊社への具体的なメリットは何ですか?
それほどまでに素晴らしい商品をお持ちでしたら
わざわざコラボなんてしなくても御社独占でなさったらいいじゃないですか。
紹介料も差し引きされずに済みますし、売上上がりますよ♡
そう思いませんか?

 

 

 

 

起業して6期目。

 

知名度が上がれば上がるほど
こういう雑用が沢山増えてしまうのは
ブランディングの「副作用」なのでしょうか。

 

 

松尾のビジネスは表面上はとても
ゆるく見えますけれどここに至るまでに
めちゃくちゃ時間と労力を費やして設計をしてきました。
ある日気が付いたら「そうなっていた」んじゃないです。

その努力の過程を想像も出来ず

「松尾さん、運が良かったんですね~」
「綺麗だから何やってもうまくいっちゃいそう~」
と言ってしまう人とは

恐ろしくて組めないですし、お付き合いできないですね。

 

 

物事の本質を見ずに
上っ面だけだけで判断してしまう思考の貧困さにまずびっくりですし
あなたのビジネスに対する覚悟は
そんなものですか?
のど元まで出かかった感情を押さえて
ふ~っとクールダウンしたことが多々ありました(笑)

 

 

 

ええ~と、ちょっと脱線しちゃいましたけれど…。
損得を抜きにしろとはもちろん言いませんが
それだけで話にのってしまうと
足元をすくわれたり、一晩だけ寝て遊ばれて…
こんなはずじゃなかったと思うことも起こり得ます。

 

 

手っ取り早くラクになりたい!
とりあえず、結婚したい!

現状への強い不満を抱えて焦っていて
イージーな方法に流されると
気づけるべき「違和感」「異変」に気づけなくて
地雷を踏むのかもしれませんね。
過去の私に言いたいです。

 

 

コラ、そんな魔法はないゾ!

 

 

 

明日は「快楽の関係」について書いていきたいと思います。

 

 

 

それでは。
おやすみなさいませ☆