photo by  Chie Matsuo

 

いい夫婦の日。

11月22日の今日は「いい夫婦の日」なのだそうです。

 

いい夫婦の日って何?

二人の時間を大切にする日のことだそうです。

詳しくはこちらのwebサイトに書いてあります。

http://www.fufu1122.com/whats/

 

To mark the 70th Wedding Anniversary of Her Majesty The Queen and The Duke of Edinburgh, new photographic portraits have been released worldwide.  The Queen and His Royal Highness will celebrate their Wedding Anniverary on 20th November 2017. The portraits, by British photographer Matt Holyoak of Camera Press, were taken in the White Drawing Room at Windsor Castle in early November.  In this first release, The Queen and His Royal Highness are framed by Thomas Gainsborough’s 1781 portraits of George III and Queen Charlotte, who were married for 57 years. The marriage of the then Princess Elizabeth to Lieutenant Philip Mountbatten took place at Westminster Abbey on 20th November 1947. Find out about The Queen and The Duke of Edinburgh’s wedding day by following the link in bio. #weddinganniversary

The Royal Familyさん(@theroyalfamily)がシェアした投稿 –

イギリスのエリザベス女王も、11月20日にご結婚70周年を迎えられました。
イギリスでは結婚70周年のことをプラチナ婚というそうです。
それにしても70年もだなんて、気が遠くなるような歳月ですね!!

親元で暮らす年数が四年制大学卒業までとすると22年。
それより3倍以上も長い年数を、お二人は共に過ごしていらっしゃったことになります。

血のつながった家族より、血の繋がっていない赤の他人と
より長く人生を共にするという事実。
考えてみれば不思議な気もしないではありませんね。

にもかかわらず、これだけの長い歳月を二人三脚で乗り越えてこられたことは
尊敬という言葉しか浮かびません。

 

心理学者のアドラーは、人間の悩みは人間関係であると断言しています。
人間関係の悩みは大きく分けて3つに分類され
仕事、交友、愛と分けることができるそうです。
この3つのタスクの中で最も難しいのはどれだと思いますか?

 

正解は愛のタスクです。

 

私たちは、自分一人で黙々と努力することと、複数人で協力して一つのことを
成し遂げることは学校で習ってきたけれども、二人で、ましてや男女で協力して
何かを成し遂げるということを習っていません。

だからこそ、愛のタスクが最も難易度が高いのだそうです。

 

ということを考えますと、いい夫婦歴が長ければ長いほど、最も難易度の高い人間関係を
維持するスキルに長けているとも言えます。
まだ独身だから私は関係ないとお思いになるかもしれませんね。
ご両親は結婚して何年になりますでしょうか。

 

入社した会社がブラック企業だったら辞めてしまえばいいんです。
友達と気が合わなくてつまらないなと感じたら徐々に誘いを断ってフェードアウトできます。
でも結婚生活に限っては簡単にリセット出来るものでしょうか。

 

婚活をするということは、人生で最も難易度が高い関係性にチャレンジするということです。
だから不安に思うのも当たり前ですし、ちょっと頑張ってみて成果が出なかったからといって
簡単にはあきらめないで欲しいのです。

 

結婚を考えることは、人生をデザインすることです。
あなたは結婚後、どんな未来を描きたいですか?
いきなりそう言われても・・・イメージがわかないかもしれません。

 

だとしたら、幸せな夫婦像の情報を集めてみるところから「婚活」をするのはいかがでしょうか。
婚活というと、出会うことばかりクローズアップされがちですが
どんな結婚生活をしたいのか?を具体的にビジュアライズしていることも「婚活」の大切な要素。

 

周りにいる結婚してうまくいっている夫婦のお友達はいますか?
いたらぜひ、結婚して長くうまくやっていける秘訣をインタビューしてみてはいかがでしょうか。
お手本にしたいと思う夫婦像を明確にしていくことが、婚活を成功に導く一歩です。

 

え、私がお手本にしている夫婦は誰か?ですね。
それは両親です。

 

父は昨年夏に亡くなりましたが、母はいつも父の写真を眺めては
「世界一のお父さんだったのよ」「生まれ変わってもまた結婚したい」とのろけています。

 

世間的に見て、立派だとか、何かすごい偉業を成し遂げたということはありませんが
少なくとも母にとっては「世界一の夫」であったのだと。
だから私は自分の両親に「いい夫婦で賞」を進呈したいと思います。

 

決して順風満帆な夫婦生活ではなかったと娘の私から見て思いますが
二人の間には揺るぎない信頼関係があったのだろうと思います。
よくあそこまで追い込まれて、夫婦の絆がちぎれなかったのだと、関心します。
だから私も、自分を産んでくれた両親のように、
どんな大変な時でも手を離さず、夫の味方でい続けたいと思っています。

 

 

あなたがお手本にしたい夫婦は、どんな二人ですか?